ひねもす(略)

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

漫談について

帰ってきた無謀な企て第16回より。R-1優勝者の濱田さんについてユリオカ超特Qさんがおしゃっていたことが興味深かったので遅まきながらメモ。

 

1.ピン芸には引っかかりが必要

もし、彼に視覚障害がなかったら?そういう風に考えなくもないけど、逆に言うと、そもそも1人芸ってキャラクターや「ひっかかり」がないと成立しない。だからギターを持ったり、フリップを使ったり、ものまねをしたり、音響を使ったりする。漫談の場合は特に、その人自身と密着しているネタのほうが良い。

 

2.立ち姿が綺麗

漫談って手の動きをどうするか迷う。だから濱田さんが杖を持っているのが結構助けになっているのかも。綾小路きみまろさんも扇子を持っていたりすることで、見ている方もしっくりくる。

 

3.普通のしゃべり口調で自然な漫談

濱田さんは普段の会話のような感じで漫談をしているが、自然な感じが一番難しい。だから漫談を演る人は呟いたり、演説調にしたりしている。キャプテン渡辺、つぶやきシロー、きみまろさん然り。

 

 やはり、漫談をやっている人が漫談を見るときの視点が独特で面白かったです。自分なりに要約したものなのでニュアンスが違ったりするかもしれないですし、もっと楽しいのでポッドキャストで聞いてくださいませ。

私が知る限り、英語圏スタンダップコメディは1は人種、文化的背景、性別を全面に出したネタ。2は手にマイクを持ったり、椅子によりかかったり。3はTED風だったり、説法風だったりする人もいるので共通しているなーと思った次第です。

それにしても、ものすごく久しぶりになってしまいました。基本的にM-1、R-1は可能な限り見ているのです。でも高まりすぎて文章化できないのです(いろんなプロの方々が語ってくれるし)。

ではまた。