ひねもす(略)

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

「有田哲平の世界一オモシロい番組」が素晴らしいけど 言語化出来る気がしない

www.ntv.co.jp

 

Huluで配信されていたので何気なく見たんですが、

なんだろう、これ。

モキュメンタリー風というのかしら

長いですし、退屈な部分もあるんだけど……オモシロいんだよ。

 

内容は、くりぃむの有田さんが

彼の大ファンだというスタッフと

ほんとうに面白い新番組を企画することになったが

次々と難題が立ちはだかって……というもの

 

なんというか

じわじわ高まっていく感じ。

退屈に思えた時間に、入った微量の笑いが

体内で増幅する感じというか。

うまく説明できない感じの笑い。

 

でも、このクオリティを保つのってむつかしそうです。

 

1話目のバランスが一番いい。

2話目はちょっとアクセル強すぎるー

笑ってはいけないシリーズみたいになってるよ〜

弱めて〜、笑わせようとしないでー

あとエンディングを長くしてー

アデル聞かせてー。

 

そう、テーマ曲の使い方が発明なんだ。

有田さんのお顔のアップとアデルだけで成立するのかもしれない。