ひねもす(略)

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

「有田と週刊プロレスと」は何故こんなに面白いんだろう

 

例えるならプロレスの東進ハイスクールと言う感じでしょうか。

 

なんとなく、プロレスが好きで、詳しい人向けの番組なのかな〜と思っていたのだけど、全然違った。それがアマゾンプライムビデオで配信されている「有田と週刊プロレスと」です。今更ですが、見まして、おもしろさに夢中になっておりました。

 

この番組、とにかく無駄がない。

スタジオには有田さん、倉持明日香さん、ゲストの三人。

そこに、一つの封筒が渡されます。中には『週刊プロレス』のバックナンバーが。

それをスタジオで取り出して、有田さんが初見でその表紙の内容について語り、人生に必要な教訓を教えてくれるのです。

 

とにかく有田さんの話術が素晴らしい。

ぼんやりしていたプロレスの歴史がこんなにわかる。モノマネが逐一上手い。

でもすごく冷静。情報量が多いけれど、余裕がある感じがなんかかっこいいのです。

セットが飲食店っぽいのですが、この密室感が番組の魅力かもしれません。

 

あと、最初のゲストが渡米前のピースの綾部さんだったんですが、やっぱり綾部さんは凄いんだなぁと再確認いたしました。吸収の速さ、臨機応変さ。聞き手として完璧なのです。

その他にも、あんまり詳しくないゲストのほうが盛り上がる気がするのは、わたしが詳しくないせいでしょうか。意外とゲストが誰かで番組の雰囲気が変わるのでそこは好き嫌いが別れるみたいです。

 

残念なのはシーズン1で終了していること。

願わくば今の布陣でシーズン2、もしくはトークライブ全国ツアーなどが実現すればいいなぁと思っております。