読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひねもす(略)

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

#214 芸人同棲感想

芸人同棲

5日目午後、やっぱりこの番組の進行は両角さんが落ち着く。

www.tv-asahi.co.jp

投票形式仮コンビ

今回は、自分が組みたい人の名前を書いて、どんどん抜けていくという、芸人同棲ではおなじみの方式で仮コンビでした。まわりの人の矢印とか、自分が気になる相手が自分を指名してくるかどうか結構分かる企画です。

ここに来て、アンテナ元気さんが大人気なことがわかる。やっぱり目立っていますものね。個人的には元気さんと西島さんが見てみたかったけれど、元気さんが選んだのはサカモト’sさん。意外な感じがしたけど、考えれば気になる候補に名前はちょいちょい出ていて、一度やってみたかったということなんでしょう。その一抜けのコンビがあんまり跳ねないのは何かのジンクスなんでしょうか。期待値が上がっているということもあるけど、サカモト’sさんだったらもっと違う感じにできたんじゃないのかなぁと言う気がする。

結果、人気ない者同士で組んだお野菜、マカロ組が一番おもしろかったけど、ハプニングに助けられたところもあるのかな。朝から疲れてて、新たにイチから作るのはしんどいのはわかりますけど、今までの仮コンビで一番レベル低かった気がしましたよ。。スタジオでも話していたけど、これからそれやる?的な事が多々見受けられた。

 

かなりイレギュラーなツーショットナイト

夜になって、てつみちさん「スタッフにクレームを言える券」を発動。ツーショットナイトを一度もやっていないのでさせてくれというクレーム、と言うか要望?が通ってしまう。

それだけでなく、おばたのお兄さんは、仮に明日ツーショットナイトを引いても使う予定はないということで「ツーショットナイトにもう一人呼べる券」をてつみちさんに譲渡。おそらく、選択肢を減らしたいからで、やはり彼は策士だと思います。

ただ、そのカードは基本3人で話すというルールなのだけど、てつみちさんはそれぞれとツーショット2回やってから3人で話したいとかなり偏向ルールを持ちかけてきた。結果、芸人同棲史上、一番いい条件になってしまいます。

 

どうなんだろう

まぁ、相方探しにルールってなんだという話ではあるんですよね。目立たなくていきなり組みますとか、組みませんとなっても視聴者にはわからないですし、てつみち&マカロ&元気がどういう話をするのか見てみたい気もするし。だから、スタッフも許したんだろうけど、かなりギリギリアウトな使い方ではあります。バラエティである以上、ある程度のゲーム性を保つためにルールは必要でしょうし。

それとも、二人で話したい人は勝手にカメラがついていくようにするのでも良いのかもしれないけどね。人気ある人は自然に取り合いになって物理的に制約されますから。あいのりとかそういうシステムじゃなかったでしたっけ。

次回、これでただの飲み会みたいになったらやだな~。

 

 

広告を非表示にする