読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひねもす(略)

芸人同棲とかラジオとかポッドキャストとかの感想ブログ

怖面白い〜さんまのお笑い向上委員会〜

 

森三中の黒沢さんが、録画してるんだけど体調が悪いと見られない番組があるとおっしゃっていて、それが「さんまのお笑い向上委員会」だったんです。聞いたことはあったんですが、そこまで怖いってどういうことなんだろうと興味を惹かれました。んで、見て納得した。これ、おっそろしい番組ですね。そもそもオープニングがホラー。なのにセット自体は明るくポップでひな壇があって、普通のバラエティみたいだからよけいに怖い。

 

どんな企画会議が開かれたのかわからないくらい、無茶ぶりの嵐

さんまさんが「世界初の手探りバラエティ」とおっしゃっていたが、本当にそうなんだと思う。こんな番組を作れるなんて、やっぱりテレビ面白い。でも時に破綻しすぎて、全然面白くないって人も絶対いると思います。それくらい変な番組。それをこの豪華なメンツでよくやるなぁ。

 

編集もかなり特殊な気がする

普通は使わないところを使っている。焦ってる顔、次何をするか相談しているところとか、あとさんまさんの怖い顔も見られる。製作者側も意図的に芸人さんたちの緊張感を伝えてきていてますよね。個人的にはコンビ同士で相談しているところがかっこよいので、得した気分になります。

 

おもしろい=強さ そして 欽ちゃんファミリー最強説

 確か、水道橋博士が言っていたと思うのだけど、お笑いって強さなんだそう。それ、この番組見たら納得します。まさに戦場。怪物だらけ。その中で 、ひょうひょうとした飯尾さんの凄さ。

それで、思い出したのは飯尾さんって小堺さんと関根さんのラジオでよく即興ダンスや歌をリクエストされてたなーと。そこまで熱心なリスナーではなかったんですが、それって欽ちゃんじゃん、と。萩本欽一さんが、小堺さんたちに即興で何かするように振って、どうすればいいんですか?と聞くと「聞いちゃダメ」と言われるらしいんですよね。今考えると、セカンドシティが訓練に取り入れてるらしいインプロを萩本さんは教えてたのかなぁと思ったりしまして。この番組も即興が多いのは、さんまさんもその辺意識してるのかなぁと、だからお笑い向上委員会ってのもあながち嘘ではないのかも。それでも怖いものは怖いんですけど。

 

 

 

広告を非表示にする